冷やす、洗う、温めるなどの基本性能が国産製品よりはるかに劣ることはありません。

MENU

国産と比較した時のハイアールの家電性能について

ハイアールは安価な家電製品であるものの、性能についてはかなり高くなってきています。国産メーカーの高級ラインと比べればさすがに劣りますが、少なくとも一人暮らしデビューで安く揃えたいという時には良い選択肢と言えるでしょう。

ハイアール製品の家電としての性能

 

白物家電の「冷やす・洗う・温める」などの基本性能で国内製品に劣ることはない

 

ハイアールの家電製品は、国産家電と比べてかなり安い価格で販売されているため人気があります。

 

安いということで「性能が低いのではないか?」と感じる人も多いのですが、実際のところ家電製品に求められる冷やす、洗う、温めるといった機能について国産製品よりはるかに劣るということはありません

ハイアール家電の性能が劣っていないことをアピールする男性

 

もちろん値段が倍以上違う国産の高級モデルと比べるのであれば別ですが、少なくとも似た価格帯の製品であればハイアールが明らかに劣るということは無いでしょう。

 

そのため、一人暮らしデビューなどで「とにかく安く揃えたい」という方には十分おすすめできるメーカーだと言えます。

 

 

国産にありがちな不要な機能は省かれている

 

ハイアール製品の性能自体は国産のものと比べても明らかに劣るということはありませんが、機能について考えるとハイアールは良くも悪くもシンプルな構成になっていると言えます。

 

例えば、冷蔵庫であれば冷やす、電子レンジであれば温める、洗濯機であれば洗うといったような必要な機能はしっかり揃えているのですが、国産メーカーの高級ラインであるような食品の鮮度にこだわる、電子レンジで塩分を減らす、特殊な水流で洗濯するといった機能は省かれています。

 

とは言え、こうした機能は普段の利用では必須というわけではありませんから「不要な機能を省くことで安さを実現している」と思って良いでしょう。

 

 

モーターや冷却装置などは国産製品と同じ部品が使われているものも多い

 

ハイアールによく付いているイメージとしてあるのが「部品が粗悪で耐久性が無い」というものなのですが、かつては実際に、その通りでした

 

しかし最近はどうかというと、そういったことは無く、特に冷蔵庫となるとかなり品質は高くなってきています。

 

というのも、ハイアールは2002年に三洋電機が冷蔵庫部門の製造を委託・合併することで技術レベルを高めており、特にモーターや冷却装置と言った性能に直結する部分については国産製品と同じ部品が使われているものも多くなっているのです。

 

そのため、国産製品と比べると価格をかなり絞っているとはいえ、品質はネットで言われているほど悪い物でも無く、ある程度の期待ができます。

 

 

国産メーカーに対しての性能の比較

 

国産メーカーの家電製品と性能比較をすると、これはジャンルによってかなり大きく異なります。

 

まず冷蔵庫に関しては既にかなり高い技術力を持っていますから国産メーカーとの差はそこまで大きくありませんし、洗濯機部門についても三洋電機から引き継いでいるため特に問題はないと言えるでしょう。

 

レンジなどについても3年間の保証を付けるなどの自信を見せていますから、やはりここについてもある程度の信頼はできます。

 

もちろん、安価な製品として売り出しているため「国産メーカーよりも性能が高いのか」と言われると疑問符が付きますが、少なくとも「圧倒的に劣るのか」という疑問に対しては「そうしたことはない」と言えます。


ハイアールのフッターバナー