今では新たな開発によって、中国から世界へ向けて新商品のアクアを発売しています。

MENU

ハイアールと三洋のアクアブランドとの関係性

中国のハイアールと三洋電機が製造した洗濯機アクアとの関連性を考え、製品のより良い方向性について分析します。

ハイアールとアクアの関連性について

 

 

ハイアールとアクアのロゴ

 

 

ハイアールの家電はネットで多くの批評が上がっています。

 

ハイアールは中国の白物家電を中心とした電気機器を製造する会社で、ドイツのリープヘル社との技術提携によって会社が確立しました。

 

日本では中国製品にあまり良いイメージがなく、中国製品と聞くだけでデメリットのイメージが強くなってしまいます。

 

故障が多いという点に関しては、突然一部だけ機能しなくなるということが何件かあったそうですが、日本製のものよりも中国製品だから故障が多いという勝手なイメージにより色濃くなってしまっただけかもしれません。(⇒ハイアールの故障率

 

必ずしも全ての商品がそのような故障の状態にあるわけではないので、今後の改善点として精密に製造しクレームを減らすこと、またクレーム対応についても見直しをしてほしいところではあります。

 

今では日本製と言われる家電メーカーでもほとんどが海外で製造された部品が使用されているので、中国製家電と日本製家電は違いがほとんどないと言えるでしょう。

 

日本との関連性を見ていくとわかるように、三洋電機がパナソニックに買収された際に、白物家電がハイアールに売られ、今でもその技術をそのまま活かしているからです。

 

細かく使いやすい設計を施しているのが日本製の良いところで、ハイアールはその日本の技術を今でも取り入れ、新製品の開発に取り組んでいます。

 

中国ならではのシンプルな設計とデザインの中に、日本人の細かな技術が施され、日本人には作ることのできない大胆な商品を開発しています。

 

三洋電機の洗濯機アクアという商品は、もともと日本では大変人気のある商品でした。今では中国から世界へ向けてハイアールが新たな開発によって新商品のアクアを発売しています。

 

日本人が好む家電は、サイズが小さくて容量は大きいもので、様々な場面に合わせて使える機能がいくつもついていることです。

 

それと比べてハイアールは設計は細やかですが、内容はシンプルであることや容量に見合ったサイズで作られているので、大胆な商品を世界へと発信しています。

 

日本製品はいかにして他社の製品よりも群を抜いているかということが重要であることにこだわっていますが、周囲の評価に固執せず本当の意味での新商品を発表できることが、実は一番製品開発の成長へ繋がっていく近道かもしれません。

 

ハイアールは中国ならではの大胆な発想の転換の中に日本の精密な機能を備えた、いわば無敵な世界規模の製品を作り出す会社で、日本が開発したアクアは彼らの手によって現在も発展しつづけています。


ハイアールのフッターバナー