国内製品とハイアールの製品とでは電気代にほぼ差はありません。

MENU

ハイアールと日本製の電化製品にかかる電気代を徹底比較!

低価格で人気の高まってきているハイアールの家電製品と日本製品の電気代はどのような違いがあるのでしょうか?

ハイアール家電の電気代について

 

ハイアールの電化製品の電気代

 

同サイズ製品のカタログ値比較

 

ハイアールの冷蔵庫と日本製品の冷蔵庫で、カタログに表示してある値を比較してみます。

 

まず、1~2人用の286Lサイズの場合です。

年間消費電力量420kWhです。
年間電気代は、11,340円です。

 

それに対し某国内メーカーの1~2人用の256Lサイズの場合です。

年間消費電力量390kWhです。
年間電気代は、10,530円です。

家族用大型冷蔵庫445L の場合です。

年間消費電力量は520kWhです。
年間電気代は14,040円です。

 

某国内メーカーの家族用大型455L の場合です。

年間消費電力量は410kWhです。
年間電気代は11,070円です。

1kWhあたりの電力量料金は27円として計算しています。

 

このように、同サイズの国内製品と見比べてみても、大きな差はありません。

 

大型サイズでも年間で約2,000円の電気代の差ですが、購入する時の冷蔵庫の差は数万円ありますから、どちらがお得かを考えたらすぐにわかると思います。

 

自分、家族にあった経済的な買い物をお考えの方にはピッタリのハイアール家電製品は、おしゃれ好きに合わせてスタイルの良さ、機能性にも優れています。

 

使ってもらえばその良さが実感できる事間違いなしです。

 

 

国内製品とのレベルの差

 

ネット上では、ハイアール製品のクレームが多いというような記事も目にしますが、上記で述べた通り国内製品とハイアールの製品とでは電気代にほぼ差がない事がわかっていただけたと思います。

 

中華人民共和国に本拠を構えるハイアール家電製品は、日本製品に引け目をとらないビジュアルの良さ・機能性をもっています

 

そのような製品が、より低価格で手に入るのですからお得なことは間違いなしです。

 

市場に出回っている、家電製品をお試しになって自分で実感していただくと商品の良さがわかると思います。悩んでいないで、試してみるのもいいのではないでしょうか?

 

日本製品を同様の家電製品を、お得な価格で購入する事はとても利口な買い物の仕方だと言えます。

 

万が一、購入した商品に不具合があった場合でもオフィシャルサイトで購入していれば、3年のメーカー保証がついていますのでとても安心です。

 

 

今の時代は、国内製品であろうと年々新しいデザイン、機能性を備えた製品が多く開発されています。

 

大型家電製品(冷蔵庫・洗濯機)は平均5~7年で買い替えると言われています。時代に合った良い製品を低価格で購入するのが、お得な買い物の仕方と言えるのではないでしょうか?


ハイアールのフッターバナー